思い付きツーリング飛騨高山・白川郷編

20170520.JPG昨日の 思い付きツーリング。大半は下道で走行距離約400キロでした。

ゆっくり目の朝、天気も良いしどこかへ行きたいなぁ・・・思い立ったが吉日。
さっそくグーグルマップと睨めっこ。

そうだ 高山へ行こう!

マップを拡大して「飛騨民俗村」という場所が目に飛び込んできたのでマークアップ。距離は約170キロ。土曜日ということもあって、下道だけで行くと4時間弱(@_@) 結構かかるなぁ。ちらっと時計を見ると午前10時半。なぁーんだ、十分明るいうちに付けるじゃん(^^) どうせなら白川村の白川郷へも行ってみたいなぁ。ここもマークアップして、そそくさと出かける準備。ガソリンを満タンにしてグーグルマップのナビに行き先「飛騨民俗村」、高速・有料・フェリー不使用の設定で案内開始。名古屋市内を縦断するのはこの時間だとかなり時間を食いそうなので、ナビの案内は無視して名二環(有料)鳴海ー勝川間を使い時間短縮。
七宗町1七宗町2勝川から国道19号線へ出る。いつもながら交通量は多いなぁ。ナビの案内で小牧辺りで左折し、入鹿池の脇など犬山を経由して国道41号線へ。あとは真っすぐ走っていけば高山市に着くのだが、元来へそ曲がりな性分なため、案内を無視して細い田舎道へ。目的地にいち早くつくのが主題ではないので寄り道、回り道は厭わない。いつも新鮮な感じ、ささやかな発見や出会いがあって面白い。岐阜県七宗町で案内を無視し、41号を離れて回り道。交通量の多い41号線とは違い、排気ガスにさらされることなく気持ちが良い。それも束の間でまた41号へ出るのだが・・・。

暫く流れの中で41号を走り下呂の街中を抜けたあたりだろうか、川の反対側を見ると道がある(^^) そろそろトラックの後ろも飽きたので、ナビ案内を無視して橋を渡り川の向こう側へ。川に沿って信号もほとんど無く、車も少ない。荷物を届けに走るクロネコ便や田んぼへ向かう軽トラックと出会ったくらいで気持ちよくクルージング(^^) 後で地図を見たら、さらに山の中を走る道もあったのでそっちへ行けばよかったなぁ・・・。

三度、国道41号線へ出て高山市まであと少し、道の駅飛騨街道なぎさで休憩。飛騨牛のこだわり手刺しの牛串、1本450円。タレか塩コショウか選べるが、躊躇なく塩コショウを選択。柔らかくてジューシーでめちゃくちゃ旨かった(^^)/
道の駅飛騨街道なぎさ1道の駅飛騨街道なぎさ2道の駅飛騨街道なぎさ3道の駅飛騨街道なぎさ4

2017.05.21 Sunday 12:15   |   ツーリング

スポットライトのモード切替スイッチ

SW1SW2SW3

100均で売っているLEDライトのスイッチを取り出して改造し、オートバイに付けている2個のスポットライトのモード切替スイッチにする。モードは通電するごとに、明・暗・点滅と切り替わってしまうので、エンジンキーをONにしたときにモードが変わってしまう。だから常時通電、ボタンを押している間だけ電源を切断するスイッチが必要。

これまでタクトスイッチで適当に作ってホットボンドとテープで防水処理してタイラップで止めていたが、LEDライトのスイッチを見ていて改造できそうなので作ってみた。

このLEDライトのスイッチはON・OFFがボタンを押すたびにロック、アンロックされる普通のプッシュスイッチ。それを、常時通電していてボタンを押している間だけ切断するようにした。配線も今までのものを作り直して接続。

あっ、不完全防水です(^^;

2017.05.09 Tuesday 18:50   |   おぼえがき > オートバイ

ガス欠の経験から・・・(^^;

携行缶ホームセンターを徘徊していたら見つけてしまった1リットルのガソリン携行缶。

昨年SUGOへオートバイで行った時に、朝方でどこもガソリンスタンドが開いておらずに目的地手前でガス欠をおこしてしまった。後日オートバイショップで500ccの携行缶は見つけていたのだが、容量的にちょっとと思い買わずにいた。

ホームセンターを徘徊していたのは、今トップケースに入れているレインウェア、ブーツカバーを別のケースに入れてオートバイに取り付けられる物を作ろうと、その材料探しだったが、その前にこれを見つけてしまったのだ。

このガソリン携行缶をどうやってオートバイに付けようか・・・

2017.05.03 Wednesday 22:24   |   おぼえがき > オートバイ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20