<< PC用CD-ROMドライブをオーディオ用CDプレーヤーへ    |   home   |   クルーザーのオーディオ >>

ジャンク・オーディオの復活

stereo.bmp 先日、オークションでダイアトーン製の古いオーディオ(チューナー・コントロールアンプ・パワーアンプ)のジャンクを2000円余りで落札した。
 商品が届いたので早速接続して鳴らしどんな状態なのかチェックした。まずチューナー(型番:DA−F480)、チューニングもできるしモノラル、ステレオの切替もOKだが、右側から出力していない。
コントロールアンプ(型番:DA−P600)は左チャンネルの出力が無いが、その他は大丈夫のようだ。パワーアンプ(型番:DA−A600)は左出力のアナログメーターの照明ランプが切れているが左右ともちゃんと出力している。
ざっと以上がジャンクたる所以のようだ。果たしてこの1978年頃の古いオーディオを無事に復活させることが出来るのだろうか。
 一番簡単そうなパワーアンプのアナログメーター照明から手をつけよう。留めている10本のビスを外し筐体上蓋を取る。中は少し埃がついているが比較的綺麗だ。
基板表面についているコンデンサなどの部品を目視チェックするが、熱で膨らんでいたり電解液漏れを起こしているものは無い。また基板の変色なども無い。
さてメーターはプラスチックプレートで筐体のフロントプレートに押し付けて固定されているので、爪を折らないように押してプレートを取り外すとメーターユニットが外れる。
メーターケースは前面の透明な部分がテープで留められているのでテープは剥がすと中にランプがある。やはり左側のランプが切れている。
家の近所では同じランプを入手できないのでどうしようかと考えたが、いっそのことLED化してしまうことにした。試しに手持ちのLEDをひとつつけてみると、見事に明るく光って切れた。
ランプがついている右側にテスターをあててランプ両端の電圧を測ると、なんと交流で8Vくらいある。手持ちのLEDの定格は定かに判らないが多分3V近辺だと思う。
ダメ元でLEDを3つ直列につなぎつけてみると、切れずに光っている。LEDはダイオードの一種だから一方向にしか通電しないので、当然交流の負電圧部分では点いておらず50Hzのサイクルで点滅している状態だがよしとしよう。
手持ちでは白色が無かったのでホームセンターで3mm径の白色LEDを購入し、左右両チャンネルのランプを交換した。今のところ切れていないのでOKかな。
 次にコントロールアンプ。8本のビスを外し筐体上蓋を取り外す。内部に埃はほとんど無い。ボリューム固定のナットなどを外し、筐体から基板を分離する。
基板の部品実装面を見るが部品破損などの外部から見てわかる異常は全く無いと言っていいくらい綺麗なもの。裏面も比較的ハンダ付けは綺麗だが、全てのハンダ付けをやり直した。(やり忘れもあり^^;)
ケーブルの断線もチェックしたが断線は見当たらない。元に戻して接続してみるが、やはり左側の出力が無い。出力は2系統あり、セレクター切替時に両方からプチッノイズが出る。
目視では部品の破壊などは見られなかったので、怪しいのはICかトランジスタ、ダイオードといった半導体の内部破壊では?
そこで正常に働いていると思われる基板の右チャンネル部分からメインのICを取り外し、左チャンネルのものと交換してみた。すると左から音が出るではないか。勿論交換した右側からは音が出なくなった。
ICを元に戻すと右からの出力はOKで左はNGなので、このIC(型番:日立HA1457)の不良が原因と考え、知人に秋葉原などで捜してもらったが、見つけることが出来なかった。
インターネットで検索すると海外在庫というところはあるようだが、オークションでこのIC(型番末尾にWがついているが)が出品されているのを見つけた。10個単位の購入だがいたしかたないが、それを落札し購入。
 ICが届くまでの間にチューナーをチェックしてみると、コントロールアンプ同様に内部は埃なども無く基板も綺麗なもの。
これも半導体の不良だとやっかいだなぁと思いながらテスターをあてて断線チェックをしていくと、右側出力ケーブルの断線を見つけた。
出力ケーブル自体を別のものに取り替えて基板にハンダ付けしたら左右とも正常に出力するようになった。
 ICが届いたので、基板に新しいICをハンダ付けし基板を筐体へ取り付け、入力にチューナーを接続し、出力をパワーアンプに繋いで音を出してみると、やったー!左右両チャンネルから綺麗に音が出ている。
トーンコントロールやラウドネス、モノラル・ステレオ切替や、各入出力などのスイッチ切替も無事に機能している。
 ジャンクで手元に届いてから復活まで約1週間の騒動。かかった費用は全部(商品代金・部品代金・送料)で7000円弱。
発売時の定価合計の1割にも満たない金額で無事に復活させることが出来た充実感と満足感はプライスレスだ。

2006.09.01 Friday 10:46   |   おぼえがき > その他

コメント ※ご投稿いただいたコメントは承認後に掲載されますのでご了承ください。

コメント記入フォーム

トラックバック ※トラックバックは承認後に掲載されますのでご了承ください。